Browse Day

9月 23, 2016

気をつけたい事項

自分の所有するマンションを売却するまでには、不動産業者の査定を受け、媒介契約を結んだ跡、買い手を探し、売買契約を取り交わして、物件の引き渡しを行なうというステップがあります。それらの手続きや取り引きを行なうためには、ある程度の時間がかかることは覚悟しておかなければなりません。特に、売却金額にこだわりを持っている人には、買い手を探すのに際して、それなりの時間的余裕を持つことをおすすめします。

また、マンションを売却するに至るプロセスは、人それぞれに違っています。それらの条件によっても、売却の成否が分かれることがあり得ますので、気をつけましょう。

例えば、借金の返済に困って、しかたなく物件を手放す場合には、喜んで売却するのとは違って、精神的に落ち込むことが多くなります。そのような暗い気分が、表情や言葉使いなどに表れると、売却の取り引き、手続きに悪い影響を与えることにもなり兼ねません。

そのようなミスを犯さないために、たとえ気分は落ち込んでいたとしても、購入希望者や不動産業者のスタッフには、明るい態度で接することが大切です。例えば、見学の希望に対応したり、業者と連絡を取り合ったりする時には気をつけましょう。